人体の細胞1つ1つに必ず含まれるスゴイ成分「レシチン」って?

作成日:

人体の細胞1つ1つに必ず含まれるスゴイ成分「レシチン」って?

人間の体内をつくる約60兆個の細胞。そのひとつひとつに存在する栄養素「レシチン」!
意外と知られていないその名前と、体に大切な役割をまとめました。

レシチン(リン脂質)とは?

レシチン(リン脂質)とは?

レシチンはフォスファチジルコリンとも呼ばれる、体内で脂肪が運搬される際にたんぱく質と結びつける役割を持つ「リン脂質」という栄養素の一種です。
水と油をなじませる乳化作用・酸化防止作用・保水作用を持っています。
体内において必要な栄養素を吸収・不要な物質を排除するはたらきのほか、脳の情報伝達についてもかかわりを持っています。
つまりは人間を構成するために、必ず必要な栄養素なのです。

レシチンを摂ることで得られる効果

レシチンを摂ると具体的にどんな効果があるのでしょうか?

①集中力、記憶力、判断力を増大・認知症を予防

集中力、記憶力、判断力を増大・認知症を予防

レシチンは脳細胞の構成物質でもあるため、脳の形成に必要な物質です。神経伝達物質であるアセチルコリンの合成成分でもあります。
この脳へのはたらきから、学習や早期幼児教育の分野から注目されているほか、アルツハイマー型の認知症を予防できると期待されています。

②脂肪を溶かす(動脈硬化・脂肪肝の予防など)

脂肪を溶かす(動脈硬化・脂肪肝の予防など)

脂と水を結びつける乳化作用で血管にこびりついた脂肪を水に溶かすため、血液をサラサラにし動脈硬化を予防するはたらきがあります。
脂肪が肝臓についてしまう脂肪肝も、レシチンの乳化作用により改善されると言われています。
また、美容外科などのメニューに脂肪溶解注射がありますが、その多くは大豆から取られたレシチンを使用しています。
それだけレシチンの乳化作用は強力であることが期待されているのです。

③美肌効果

美肌効果

項目②と一部重複しますが、レシチンの乳化作用により血管内の脂が溶けると、血液がサラサラになり血行が良くなります。
血行が良くなると肌細胞が活性化し、正常なターンオーバーが繰り返され、美肌に繋がるのです。
また、脂溶性ビタミンである、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの吸収も助けてくれます。
ビタミンA・Eは強い抗酸化作用を持つ栄養素です。体の酸化を防止し、肌や体の老化を食い止める働きがあるため、美しい肌のためには必須の成分とも言えるでしょう。

レシチンが不足するとどうなるの

レシチンが不足するとどうなるの

レシチンなどのリン脂質が不足すると、細胞膜の正常な働きを保つことができなくなったり血管にコレステロールがたまるなど、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病につながる症状を引き起こします。

体全体にある細胞なので、脳が疲労してしまう、眠りが浅くなる、疲れやすくなる他、肌や腸の不調などまで影響の範囲が広くなります。

レシチンが含まれている食品は?

レシチンが含まれている食品は?

レシチンは卵黄、次いで大豆に多く含まれています。
卵黄と大豆のレシチンはそれぞれ「卵黄レシチン」「大豆レシチン」と区別されています。
卵黄レシチンは脳に有効なコリンや目の健康に良いビタミンAが含まれていますが、コレステロールを含んでいます。
大豆レシチンは抗酸化作用を持つビタミンE、塩分を排出するカリウムなどが含まれていますが、コレステロールは含んでいません。
どちらか一方だけではなく、2種類のレシチンをバランスよく摂取したいですね。

目指すは一日10g!

目指すは一日10g

レシチンについて「日本健康・栄養食品協会」では1日の摂取目安量を10gとしています。
卵黄1個あたりに630mg、大豆100gあたりに20mgとなるのでそれぞれ一日当たりを計算すると卵は1日5~6個、豆腐だと5~7丁になります。
卵や豆腐ばかり食べているわけにもいかないので、少し現実的には厳しく感じられる数字です。
まずは大体2gを目標に、積極的に食生活に取り入れてみてくださいね。

当サイトおすすめのレシチンサプリメント

ソーヤレシチン顆粒【精製大豆レシチン】

どうしても摂ることが難しい人にはサプリメントもおススメです。
メタボ対策・記憶力の向上に。1スティックに大豆4500粒分のレシチン配合。
元気な細胞にはとても重要な成分ですが、必要な量を食事から摂るのが難しいため、手軽に補給できる顆粒にしました。
そのまま飲むほか、ご飯やお味噌汁にかけても◎
外食がちな方や脂っこい食事に偏りがちな方、会社の定期診断が気になる方にオススメです。
お子さまからお年寄りまで家族みんなで大豆レシチンを!

商品を見る

おわりに

いかがだったでしょうか?
脳と体を生き生きさせるためには、ぜひレシチンを!
不足しがちな栄養素、上手に生活に取り入れてみてくださいね。

美プログラムでは美肌を目指すみなさんのためにおすすめアイテムを取り扱っています♪
こちらよりアイテムをチェック!